cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。

自分のニートブログを読み返してみて…

過去の自分を思い出しながらブログ書いてますが、

冷静に読み返すと、ホント屑だな、と思いました。

ネガティブだし、鬱っぽい感じで悶々と苦悩しているし、自分の要求ばかりを相手に押し付けてるわけで…

お恥ずかしい限りです。。。

 

何をそんなに焦って、周囲と自分を比べて、出し抜こうあくせくとして、

勝手に空回りして、自分で自分に変な足枷つけて、足掻きながら、

苦しんで絶望していたんだろうって、

何で自分で自分をおかしな価値観や思考に縛りつけてたんだろうって。

それを両親のせいにしたり、社会のせいにしたり、誰かに責任転嫁してみたり、

ぐるぐる頭の中で被害妄想だけが駆け巡るような、

そんな不思議な状態に身を置いていた自分が不思議でならないです。

衣食住を確保してもらっていたのに、

とにかく生活に不安を感じ、一人で経済的な自立なんて無理だと絶望していました。

仕事探そうにも、給料のある仕事はそれなりに経験やスキルが必要で、自分なんかでは無理だと悲観し、ならば未経験でもできる仕事を探せばよかったんでしょうけど、

今度は薄給じゃ嫌だ、それに絶対に一人で生計なんて立てられない、と、

やっぱり悪い方にばかり考えたりなどで、私の心はどっかに逝ってしまってました。

 

それが今は、過去の呪縛や未来への不安からはかなり解放されて、

(いまだに守銭奴ではあるし、給料も薄給だけれども苦笑)

毎日を丁寧に生きる、目の前にあることに一つ一つ取り組んでいく、

それだけで、心穏やかに生きられるようになりました。

変な夢とか憧憬も抱かなくなり、

ただ毎日の今この時を集中したいな、という気持ちで生きられています。

具体的に何をしてるのか?

と思われるかもしれませんが、

何をしているかはあまり関係ないかもしれません。

ただ、一人で、

買い物したり、

料理作ったり、

体操したり、

掃除したり、

お風呂に入ったり、

ベッドでごろんとしたり、

窓を開けて部屋の中に風をとりこんだり、

洗濯物をたたんだり、

パソコンをいじったり、

アロマキャンドルを使ってみたり、

などなど…

日常の細やかな行為の中に身を預けて取り組んでいる瞬間、

私の心はとても穏やかです。

これをもしかすると人は幸せと呼ぶのかもしれません。

 

こんな気分で生きられると、リラックスして居心地がいいですよ〜

 

不安になることもあるけれど、

それなりに充実した毎日を送ってます。

 

引きこもり・ニートしてよかったことは、

一度絶望のどん底まで突き落とされると、

それまでのアイデンティティとかが全部崩れ去って、

新しい生命の息吹が吹き込まれたように別人になって、

健やかに爽やかに生きられるようになることでしょうか。

それについてもおいおいブログで言及できればと思います。

 

May the great happiness always be with you!