読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ

元・ゲロ高学歴ニート兼引きこもりが、久しぶりに人と飯を食った感想

お仕事

こんばんはー。

元・ゲロ高学歴ニートの「ちーこぶ」と申します。

 

 

今日、仕事終わりに職場の人にご飯食べに行きましょうよ、と誘われ、

もう2、3年ぶりぐらい、久々に他人とご飯を食べに行きました。

 

 

結論。

 

 

「一人の方が楽だ…」

←元ひきこもりの極み。

 

 

私みたいに付き合いの悪い人間を、わざわざ食事に誘って下さった相手の好意に応えたかった。ここで一回断るともう二度と誘われないだろうと思い、一緒にみなさんとの食事にお邪魔することにした。

 

結果、思ったのは、

皆んな、純粋に一緒にご飯を食べることを楽しんでいるようには思えなかった。

いろいろと観察していたけど、

ただ皆んな、つるんでいるだけのように見えてしまった。

食事の時でも相手がいてもスマホをいじるのは当然みたいだし、そこまで会話も盛り上がらない感じだった。新入りの私がいるからいつもの空気とは違ったのでしょうか。それにしても、中身のないダラダラとした世間話が延々と続くかと思えば、話題に事欠きプツリと変な沈黙が訪れ、皆んなが、次に注文するタイミングや、帰るタイミング、お会計のタイミングなど、人の行動を伺い場の空気の流れがスムーズじゃないというか、何か沈黙が気になって落ち着かない変な空気でした…

普段一人でいることに慣れてしまった私は、何か変に気を使うし、本音で腹を割って話す機会もないし、無駄に長い世間話と重く感じる沈黙が交互に訪れるのが、とても居心地悪く感じてしまいました。

前からそうだったけど、人と目的もなくダラダラと時間を過ごすことは苦手だったしな。それくらいになら、好きなところに一人で行くよ、さくっと食事して、さくっとお会計して、さくっと帰って、さくっと自宅で「my ダラダラ時間」を自分のやり方でエンジョイする、それが私にはあっているなあ。

もちろん、ブログに書いているような深い話を人と共有できたら人間関係も深まるしそれが一番いいんだけど、まだそういう雰囲気じゃない気がするしさ、私自身、壁を築いているのかな…業務中は業務のことだけに集中できるから話題に事欠くとかそもそもそういう概念が存在しない状況でスムーズにコミュニケーションができるのだけど、他愛のなくて中身もない無駄話だけは(何度もくどくてごめんだけど)本当に苦手だわ…

 

以上が感想でした。

 

次からは焼肉限定なら行こうかな、笑

 

までも正直、お誘いを頂いた時、

(あ。面倒臭いな…)

という感想が一番最初に、ふっと胸の中に浮かんでしまったので、次は遠慮させていただこうかと勝手に思った次第です。私、人といる時を使っちゃうしさ、その方が相手さんにもいいかなと思ったりして。

生意気でごめんよ。

でも、一人でいる方が、楽チンなのですよ。楽チンでゆったりたっぷりの〜んびり🎵なのですよね。気楽にいこう。

 

忘れてしまうから、書いておこう。

私、風のように生きたい。

さらっと、からっと、颯爽と吹き抜けるように、

存在感が厚かましくなく、自然に流れる空気のように、

さっと訪れては、さっと去っていく風。

あー風のようでありたい!