cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。

【これだけはやっておきたい!ニート卒業の作法】①まずは自然にやる気が出てくるのを焦らず待つ!

こんにちはー。

最近、近所をジョギングしながら、3年ぶりのフルマラソン完走を目論む、

元・ゲロ高学歴ニートこと、「ちーこぶ」です。

 

さて。

長らくニートの暗黒時代を語ってきましたが、今回からは私がどのようにしてニート脱出に至ったのかを書いていきたいと思います。

 

************************

まずは、

 

自然にやる気が出てくるのを待つ!

 

これがとりあえずです。

なんだよ、それ、と方々から怒号が聞こえてきそうですが、こればっかりはなんとも言えません。永遠にやる気が出なかったらどうするんだと、言われそうですが、私もこれに関してはどうにも表現しがたいのです。

自分の小さなやる気が出てくるまでに、人は様々な経過をたどるので「これ!」と断定的に指し示すのは無理に等しいのです。

これは、ニート&引きこもりの期間にどういった過ごし方を個々人がしていたのかによって大きく経過が異なるのが原因と思われます。

 

私がニートだった時は、

・ネットサーフィン(主にyoutube閲覧が95%を占めていたかと)

図書館で読書

・料理、お風呂の掃除

・ウォーキング、たまにジョギング

・カフェ

・銭湯

・布団でゴロゴロ

・日記を綴る

以上をやりながら生活が回っていました。(やりながら、と言いつつ生産的な行動はほぼなし笑)

1日のほとんどはYouTubeが大半でしたし、外へ出れば図書館で読書かカフェで日記をつけるのが習慣となっていました。それ以外、お金のかかることはできなかったですから。

それで、ある時、YouTubeで、TOEIC満点の人が海外で生き生きと働いていて、いかにして自身が英語力を伸ばしてきたのかを解説する動画を発見しました。そうしたら、いつもなら自分の至らなさを嘆いたり、その輝かしい人生を送っている人に対して嫉妬心が出てくるはずが、純粋に、

(あーこの人、すごい…私もこんな風になりたいな…)

と純度の高い憧憬心を抱いたのです。

それがきっかけで、私もtoeicを再度勉強するようになりました。今度こそいい点を取ったら就活で自信もって面接に臨めそうな気がしたからです。図書館とカフェでひたすら単語の勉強をしました。結果としてはあまり芳しくなかったのですが、これは社会復帰をする上でとても重要な基盤となりました。

 

今でも不思議です。今までだって英語に関心があって、動画やサイトで英語堪能な人を発見しては焦ったり、自暴自棄になっていたりして、勉強する気にならなかったのに、この時ばかりは不思議と再度勉強するか、という気になってそれが行動に結びついたのです。この小さなやる気が、ガチ引きこもりで腰も悪くし、誰ともコミュニケーションをとらなかった私にどうして起こったのか、理屈立てて説明することはもはや不可能です。おそらく、ここに至るまでに、私は偏りはあったものの、本当に様々な本を読み、様々なネット記事を読み、様々なyoutubeを見てきました。それが、自然と結実したとしか言いようがないのです。世間から見たら、私がニートの間にしてきたことって、本当に非生産的で無為なことばかりの詰め合わせですが、確かに私の中で、何かが育まれていたのは事実としてあると思います。連続してニートだったのは2年半のうちの2年間ですが、この2年間のうちに私がエネルギーの充電が完了したのでしょうか?

 

なので、今引きこもっている皆様。

とりあえず、やる気が出るまでは、ゆったり構えて焦らずに今自分がやっている活動を(たとえそれがいかに非生産的で無意味なものに見えたとしても)そのまま続けましょう。自分、というか事の成り行きを信頼して身を任せて生きている感覚だけを大事にしましょう。そうすると、自分でも意識に及ばないくらいの細やかな行動動機のようなものがぽっと湧き出てきて自然に貴方を動かしてくれます。それまではたとえ誰が何を言おうと、自分が無理を強いられると思った瞬間からは何も聞いてはいけない気がします。私が家族とのコミュニケーションですらしなくなったように、他者と交わる事は、こちらが意図しなくとも他人の持つ固定観念や集合意識に引きずり込まれ、内的な静寂と安寧を侵害されます。自分の中で小さな萌芽を見るまでは、何があろうと己で防御壁を築き上げてその殻の中でちっぽけな自分の純粋な生命としての息吹を守りぬかねばなりません。その間貴方は色々な人に迷惑をかけるでしょう、でもそれでも死ぬよりはマシです。だから焦らずに、自暴自棄になってもいいから、とりあえず、今のその過ごし方でだらだらするしかないし、それが正解です。

 

そして、何かがきっかけに成るかわかりませんが、

(私の場合はtoeicの受検が終わってからになりますが)

人は自分が変化する時に、

猛烈に

「ある事」

がしたくなってきます。

それについてはまた後日、語ります。

これが私の人生の中で本当に重要な転機になりましたので、じっくり時間をかけて書いてみたいと思います。

 

ではでは。今日もゆったり健やかにリラックスして生きましょう♪

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

ちーこぶ