読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。

意外と疲れるよ「社会的ペルソナ」

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

********************

私は一日仕事に行くだけでも、家に帰ると、

 

 

ドサッっと崩れ落ちるくらい疲れます。。。

 

 

仕事は慣れないことも多い。でも毎日過酷だったり人間関係が窮屈だったりする訳でもないのに、社会で働くということは、様々な事を滑らかにスムーズに運ばなければならないので、そういった環境に適用するような社会的ペルソナを誰もが自然と身につけます。

それって、結構疲れます。

円滑な業務遂行、人とのコミュニケーションのために、知らず知らずのうちにエネルギーが、こういった活動のために搾取されているのです。社会的ペルソナの維持費は膨大とでも言いましょうか。

それは、家に帰って誰も気を使う人がいなくなった時、いかに自分が仕事や周囲に対して気を使い、エネルギーを注いでいたかを「疲労」と言う形で思い知る事となります。そしていかに自分が気を張っていようと、エネルギーを勝手に搾取していく人や出来事は何処にでも常在します。だからこそ、安心できる場に戻った時、素の自分の疲労具合にびっくりするのです。

例えば、人のことを思いやったり気遣ったり励ましや賞賛など微塵もなく、話しかけてくる時は決まって、

「あれ、眉間にシワよってるよ」

など、当の本人は軽いコミュニケーションのつもりなのでしょうが、実際は至らぬ点の指摘ばかりに走る人がいます。こういう人は自分で意識していないだけ、いっそうタチが悪いです。勝手に人のエネルギーを搾取していきます。言われた方は、晴れやかな顔して返答して意識下ではなんとも思っていなくとも、無意識下の心の深くで自身を否定された事に傷つきます。そういうケースが重なると人って知らず識らずのうちに疲れていくのですよ。(と個人的には推測してます。)

 

こうして日常をいきているだけで、人は思った以上に余分なゴミや澱を溜め込みます。だからこそ、恒常的な排水が必要。これは私が大切にしている信条のひとつ。とにかくメンテナンスが重要。私の場合、それはひとりの時間を大切に、それはそれは慈しみをもって過ごすこと。それで、気づいてなくとも無意識下で沈殿した負の感情とかをクリアにお掃除し、定期的に流してあげることで、毎日を健やかにいきられるように、エネルギーをリチャージする。(なんか、ちょっとイイ女気取りみたいでやだな苦笑)

 

あーー疲れた。

思いの外、エネルギー消費が激しい。社会的ペルソナ。