cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。

f*c*bookで感じる人の冷たさ

こんちは!

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

**********************

2年以上ぶりにf*c*bookを再開して思うのは、

案外みんな冷たくてそっけないのね。って感じなこと。

 

私、未だにガラケー利用者でして、身分証明のために携帯もっているようなもので、まったく人と連絡を取ることがない。月の請求金額も少なすぎて2ヶ月に一回しか請求されない。それくらい人と連絡を取るのが過疎化してしまいました。だから、たまに連絡取ったりする時は嬉しくて、色々と心込めているつもり。どちらかというと長文寄り。やり取りはパソコンのメールとか使うもん。

 

でも、スマホとか慣れてる人は皆んな知人の情報の収集とかメッセージの発信にあくせくしていて忙しいのね。特に私のようにガラケー使っている人となんかはlineなるアプリを使用していないせいで、連絡が取りにくいのでしょうか、何かそっけないね。

 

あ、話はf*c*bookでしたね。f*c*book上で連絡取った友人と、なんかメッセージ上のコミュニケーションが、ちぐはぐしてる気がする。近況とか知れたらそれでいいのかな、感が満載。もう一歩進んだコミュニケーションにはどうも届かないかんじ。具体的には、久しぶりにメッセージを送ったら、近況を聞かれて、私も答えて、こちらから、一歩踏み込んで、会いたいな、という方向性に話が流れ始める、とそのままフェードアウトされていく、という。私が他人に期待しすぎているだけなのかな。そして単に私に会いたくないだけなのなもしれないな…だったら今は会いたくないって言ってくれてもいいのに、その返信すらもないのかあ…という感じです。とにかく、すごーくドライな関係になっている気がして、ちょっとだけ寂しかった。

思えば、皆さんlineとか利用しているならなおさら、多くの情報に触れますもんね。それだけ情報の取り扱いが増えれば、インフレ化しちゃって、気軽に大量のやり取りができる代わりに、情報のひとつひとつの価値が落ちていて重要でなくなっているのかな。

…とか考えてノスタルジーに浸る私は単なる時代遅れかな笑

いや、そもそも単に旧友にとって私自身のことがそこまで重要度が高くないだけなのかもね。うむ。他人は所詮他人よ。私以上に私のこと愛している人なんていないし、重要視してるとか軽視してるとかの問題ではなくて、他人のことなんてそこまで興味ないよね、皆んな。私も含め、きっと。

 

 

考えすぎか。

でも、情報が溢れて便利になればなるほど、実際に人と会うことの重要さを感じ始めてます。言葉って案外、情報量少なすぎるし誤解を生むし、人によって言葉の定義が違いすぎるよね(ブログやっててこんなこと言うのも偏屈だけど)。だから、実際に文字以外からの感覚的な情報ってすごく価値があると、ひきもりをずーーーーーっとしてきた結果、密かに感じております。文字、絵、画像を含め、視覚的な情報だけじゃ全然十分じゃない。今の時代、視覚に重点が置かれていて視覚的情報(プラス聴覚)で全て賄えて、全て知った風な、体験できるような雰囲気が横行している風潮だけど、私からしたら全然足りてない。盲目の人の世界観はわからないけど、彼らの方がもしかしたら他者を感じるのに、ずっと豊かな感覚で確と人を取られられているんじゃないのかなって、最近思う。

盲目なのは私たちの方じゃないのかな、って。

 

 

以上、話がとっちらかった、ちーこぶでした。