読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。

性事情とか、社会のこととか、色々齧ってみる…

こんにちはー。

めっきり寒くなりましたー。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

通算で約2年半くらいの引きこもり兼ニート生活の末、今年社会復帰したものです。いたって真面目な会社員やってます。

 

************************************

社会人になると、趣味とかで繋がらない限り、身近では新しい友達もできません。

引きこもり長かった私だけかな。

知り合い程度に喋る人はできても、例えば明け透けに個人的な性生活とか打ち明けるような友人はできませんね。と言ってもここ数年は、そっち方面の話題には大変事欠きますので、話せるようなネタもないのが現状ですが汗

最近では恋人たちを見て羨ましいと思う事もなくなり、どちらかというと微笑ましく思う事の方が多いですが、そういうリア充とは全く無関係に恋愛したくなるときもあります。恋愛したいと言うと何だか聞こえがいいですが、まあ要するに人肌が恋しくなるという事です。

「人」に恋をするという感覚を暫く忘れていた私でも、「人肌」を恋しく思う感覚は、生身の人間ですから完全に消え去る事はありません。むしろ強くなっていると感じることすらあります。まあ大変大変。

そういうとき、私と同じ立場にある同世代の女性はどうしているのかなって、純粋に気になります。つまりふつふつと湧いてくる欲求どう解消しているかという事です。

 

私個人は専ら女性向け漫画を読んだりする事が多いです。あとは妄想とか?でも妄想の方は想像力が貧困なのか、あまり長続きせずに白けてきます。

そして、それ以外の方法はよく知りません。

私自身、自慰行為とかしたことないですし、正直そういった単語をネットで検索する事でさえ気後れします(私しか使わない個人のpcですが汗)。漫画や本で見るように本当にそれ用の特殊な製品の愛用者はいるのでしょうか、と疑問に思ったりもします。女性向けDVDなども興味はあったりしますが、お金を捻出してまで欲しいとも思わない感じです。

 

なので男性陣が高頻度でそういったDVDを閲覧したり、自慰行為に励んでいると思うと、ここまで生物学的に違いがあるのか…と驚きます。そういえば電車もコンビニもグラビアとかの写真のオンパレードで、男性向けばかりですし。(女性を肉としてしか見てない感じが強すぎると正直辟易して気持ち悪くなるときもあります。)

(余談ですが、近年は稀に見るアイドルブーム到来。彼女たち自身は生命力に溢れて見えて女の私から見ても魅力的で「可愛いッ⭐️」とトキメキますが、その産業の主な担い手も消費者も実はオジサンたちだ、という事がわかるとサーっと冷める自分がいます。。。以下は私の勝手な見解ですが、最近のアイドル産業を支えるのは、壮年期のオジサンたちで、最近のアイドル「アニメ」産業を支えるのは青年期のオニイサンたちです。当たらずとも遠からず?)

 

話が逸れてしまいました。

動物的なエネルギーを昇華させるやり方は色々なのでしょう。

でも一番いいのは、きっと紛らわすのではなくて、原因そのものに対峙する事ですよね。つまり、はい、DVDとかではなく、そう、うん、そういう事。ただ、そこに至るまでの過程が難しいというか、手間暇かかる。何よりコミュニケーションが重要だから面倒な事だらけ!それくらいなら漫画なり、DVDなり、玩具なりを調達する方が楽チンという事でしょう。気軽に簡単に手に入るものを利用する、何だか現代の草食人は(私も含め)恋愛に対してもコンビニ人間みたいですね(誰か著名な方、著書でそんな事言ってませんでした?)。恋愛なんて非効率だし、費用対効果も悪いし、不確定要素満載だし、エネルギー消耗激しいし。

 

だから私、性的に奔放で自由を謳歌している女性ってもしかして凄いのでは?と期待していたりする。そういう手間暇をかけることを厭うこともなく、チキンとコミュニケーションも取れて、気儘に、けど確実に事を遂行し、依存ではなく自ら選択していて自己肯定感も強い、みたいなスーパーウーマンが存在していたら何かすごく嬉しいな。何か今の社会は男性が性的に奔放なのには寛容すぎる程寛容なくせに、女性がそうだと物凄く毛嫌いしてる。(その証拠に奔放な男はプレイボーイと言うポップな肩書きが当てがわれるが、奔放な女はヤリマンという下品なレッテルを貼られる。もし雑誌「プレイボーイ」が「ヤリチン」だったら絶対に売れないし、大バッシング浴びるよ。あと、男の浮気は「甲斐性」という名の免罪符が与えられるし、あわよくば芸の肥やしなんて言われるけど、女の浮気は「浮ついた気」ではなく、「倫理に反する」という名目の「不倫」と名付けられ、芸能界からも追放される。)きっと私の身近にも性的に奔放な人っているのかもしれないけど、まあ会ったことないや。世間の目は厳しいから言わないでおく方が身のためと確とわかっているのでしょうね。うーん賢い!(私の予想だと、そういう人は皆黒髪です。男性の好みを完全に把握しているため、清楚っぽく見える黒髪に白のワンピースが似合いそうです。こういう人が確実に男を落としていく気がします。)

そういうスーパーウーマンがいたら友達になりたいな…

あと、奔放な女性にいいレッテルを貼りたいな。「そよ風レディ」とかどうよ?つかみ所がないけど爽やかで自由でいい感じじゃない?

私も生まれ変わったらそよ風レディになりたいな。笑

 

 

そういえば、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の著書の一つにある記述で、

「性の暴力」はニュースや映画などあらゆる場面で取りざたされるのに、

「性の愛」については全く扱われず、恥ずかしい事だと認識され怖がられている

これが今の社会構造だと指摘していた。

そのとおりだ…と妙に納得。

特殊な場合を除いて、後者を享受したくないなんてことありえるのでしょうか。だいたい満たされている女って物凄く美しいのよ、まさに女神って感じでさ。愛のなさる技なのでしょう…純粋なる憧憬を感じます。

 

ちーこぶ