読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。

疑問。仕事中にたまにだけど、互いの手が触れる人がいます

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

超高学歴大学の医学部医療系学科卒業して海外留学経験かつ英語も話せるのに、就活嫌いでのらくらしているうちに、婚期、じゃなくて就職期逃して(婚期も恐らく逃してるけど笑)、ふらふらしたあと、無事就職するも、すぐに退社しちゃって、その後2年も引きこもっていたツワモノとは、私のことにございます。幸い、昨年社会復帰できまして、今は小さな会社で細々と働いております。

*******************************

 

今日も取り留めもない話をば。

 

なんか、仕事中なんですが、しばしば手とかが何故か偶然触れる人がいるんです。

「しばしば」なんて言ってますが、実際は2、3回程度なんですが、職場関係の人で2、3回触れるってすごい頻度だと思いませぬか?しかも手が触れるって、とてもレアな機会ではございませんこと?親子や友人関係間柄でも、あまりない気がします。

あ、ちなみにお相手は異性です。それはともかく、手が触れるって同性でも少ないと思うんですよね。何か肩がぶつかるとか、そういうことはあると思うんですが。仕事柄、接客業をしてる関係で、搬入される物品などに囲まれる機会も多く、基本パーソナルスペースは狭くなりがちですが、それでも手が偶然触れる機会は少ないです。

相手がわざと触ろうとしてるとか、そういう感じじゃないんですよね、それは完全に皆無。いやらしさもないです。あ、もちろん、私からもいやらしく触ってやろうなどというセクハラ根性は一切出しておりませんよ。笑

1度目は、倉庫の部屋のドアから出るときにちょうどすれ違ったときに、何故かお互いの手がぶつかって、二度目はシステムのバージョンアップをパソコン上で行うときのレクチャーをしていただいているときに、これまた偶然指先?とか手?が微かにぶつかって触れた感じです。

とても不思議です。

あ、確かにその手がぶつかる人、(以降このブログ内では「手の君」と名付けましょう。笑)「手の君」に対しては、確かに爽やかな殿方だな、とはお見受けします。それだけで、同じ職場にいてもあまり良く存じ上げる方ではないですが、個人的に「爽やか」と思っている人なので、ただ単に鮮明に記憶に残りやすいだけなのでしょうかね。他の人とも、それこそ女性の人とも、手が触れる機会があっても、特にそれほど思い入れがなければ記憶の中に蓄積されず素通りしてしまっているのでしょうか。でも、手が触れる機会なんて本当に日常生活でないので、多分覚えていると思うんですよね。(私はお客様と接客中もお釣りとかを渡すとき必ず触れるようにしているので…あ、この方とは触れ合えた、この方とは触れ合えなかった、とか、結構記憶に残るはずなのですが…うーん。。。)

 

何をうだうだ、言いたいのか自分でもよくわからないのですが、「手の君」とはなんかこう、自然に触れていて気色悪さとかもなく、かといって異性との独特のドキドキ感とかもなく、むしろなんか、あれ…?と落ち着く感じがしたので、なんか不思議な感じがしたのです。

…と、思いたい自分がいる笑

要は、お近づきになれたら嬉しいな、と言うエゴが丸裸です。苦笑

 

おーしまい。

 

なんか疲れちゃった。

 

もういいよ、手が触れるとか、触れないとか。

眠い。

ゆったりしたい。

ドキドキしたくない。刺激の虜になりたくない。

穏やかで、素朴で、安らかで、明朗で、健やかで、平和で。

惰眠を貪りたい。