cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。という訳で、こっそりレズビアン風俗で働いてます。

そういえば私の初チューは……あっ!!!

こんばんはー。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

******************

先日のブログで、

「女の子とエッチしたい!」

という、心の奥底に隠したまま全くもって真剣に取り扱おうともしなかった欲情が露呈し、爆弾発言をした私でございますが、あれから色々と思い出したことがあります。

それは、

 

 

 

 

 

 

私の初キスのお相手は女の子だったーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

 

 

 

 

 

という、衝撃の事実。

 

 

うわー大学生時代の元彼が初めてのキスだと思ってたけど、正確には違うわ…

男の人と初めてキスしたのはその元彼が初めてだったけど…

キス自体は、初めてじゃない。

私の初めてのチューを奪ったのは、女の子だった。。。

 

 

あれはまだ私が純粋無垢だった小学校1年生か2年生の頃。

たしか、図書室で友達と本を読んだり遊んだりして、きゃっきゃしてた時。小学生くらいの時ってまだ性に目覚めたりとかしてないから、変に相手を意識したボディタッチなんて下賤な言葉もなく、追いかけっこしたり抱きついたり、ただ普通にじゃれあってスキンシップするのが当たり前だった頃。

あれ、放課後だったのかな?休み時間だったのかな?図書室での移動教室の授業中だったのかな?とにかく、あの古い本の独特の甘い匂いがする図書室の隅っこの方で「ゆいちゃん」って子と二人きりでいた。私の遠い記憶の中で「ゆいちゃん」はスカート履いたり、白いフリルとか着てる華奢で可愛いイメージ、大人になったらぶりっ子になってそうな子。その「ゆいちゃん」とは対照的に私はスカートめくりされるのがいやで、スカートなんか履かないズボンばっかの勝気な女の子だった。

それで、図書室でゆいちゃんと本を選んでたのかな、ふざけあってじゃれついてたのかな。なんかの拍子に、チュって、お互いに尖らせてた唇が触れちゃったんだよね。で、「わっ」ってビックリしてたら、「ゆいちゃん」も「や〜ちゅーしちゃった〜」みたいな感じでビックリしてた。うん。でも記憶の中の「ゆいちゃん」はすっごいきゃっきゃきゃっきゃして、笑ってたな…って。私は、子供ながら少し焦った。何かイケナイ事をしてしまった、という罪悪感というか背徳感的なものを少し感じていた気がする。あ、男の子じゃなくて、女の子と初めてキスしちゃった、みたいな。

 

…ただそれだけ。

それしか覚えてない。

 

「ゆいちゃん」とは小学校1、2年生の時に同じクラスになっただけで、それ以降のクラス替えでまた同じ組になる事はなかった。中学校は私が私立に行ったからそれ以降会う事はおろか、最近までその存在すら覚えてなかったよ。でもそういえば、いつだったかな、私が成人式で地元に帰省した時かな、どっかの誰かから風の噂で、「ゆいちゃん」がもう結婚して子供もいるっていう噂を小耳に挟んだ。それを聞いた時私は、(あ、キスした事ある子か…)ってふっと記憶が脳裏をかすめたのは覚えている。

 

そんな淡い記憶でしかないけども。

私の初キスは確かに「ゆいちゃん」

女の子だ。

 

もう会う事もないし、会ったとしてもきっと誰かわからないし、気づかないだろうな。でも「ゆいちゃん」。

貴女、確かに私の唇を奪ったよ。

奪った、って表現は適切じゃないかもしれないけど、でも子供ながらに慌てていた私と比べ、きゃらきゃらと笑っていた「ゆいちゃん」のその余裕さに、私は彼女が私の初キスを「奪った」と敬意を込めて表現したい。

 

 

 

ちーこぶ