読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ

刺激が強すぎて頭がパンクしそう!急激な変化に耐えかねる。あと、レズビアン風俗の下調べ。

恋とか愛とか男とか女とかその中間とか 趣味の話 自省録

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

****************************

今日はもう脈絡なくいつも以上にとんでもなくとっ散らかっております。すいません。

 

最近、というか、つい昨日今日か。

休みなのに、頭が興奮してしまって全然安らげなかった…。

マラソンの練習でいつものロードワークをしていても頭の中は、レズビアン風俗のこととか、チャラい年下くんの言動がリピートされたりして、もうせわしなくて全然、眼前に広がる自然と一体になれた気がしなかった、心ここに在らず状態。

 

思えば、昨日は色々と慣れない新しいことを幾つかした上に、自分やっぱりセクシャルマイノリティの人に憧れているただのつまらないノンケなだけで、実際には女の子と寝ても濡れないんじゃないか、単に異性に飢えているだけなのを女の子とイチャイチャすることで誤魔化そうとしてる卑怯者なんじゃないかとか疑心暗鬼したりで、もう頭の中がぐちゃぐちゃで、次から次へと湧いて出てくる卑猥な妄想も止められず、脳がオーバーヒートしちゃってた。色々な変化に脳も身体も心も追いついてない、一気に雪崩れ込んできてパンク寸前。

 

昨日は仕事疲れで昼過ぎまで爆睡した後、久しぶりに大音量で歌を歌う。もう叫んでるんじゃないかってぐらい歌いまくった。満足したら、通販サイトで今まで買ったこともない高いシャンプーを購入。その後、珍しく真昼間からお風呂に入る。

それから薬局に行ってまたこれまで買ったことないサニタリー系の品と、これまた今まで買ったことのなかった石鹸を買い足した。

その足で、本屋さんへ行き、本と漫画(もちろん初めて)を一冊ずつ買って、近くのスターバックスでこれまた今まで飲んだことのなかったイングリッシュブレックファストを飲みながら本を貪る。買った本を読みながら、頭が興奮してきて一心不乱に思いついたことをうわーーーーーーっと日記帳にメモをとる。もうすぐマラソン大会も近いので少し身体のメンテナンスをと思い、食べる量を減らしたら急に2kgも落ちて、身体も変化についていけてない状態で、初めての紅茶(しかもグランデを初注文)をガンガン飲み下していく。職場のチャラい年下くんの言動にほとほと疲れてるのにまた彼が頭に浮かんできて胸糞悪くなり、本を読みながら自分のセクシャリティは結局ストレートなのかバイなのかわからなくて無性にレズビアン風俗で自分を試したくなる衝動が掻き立てられる。

珍しく夜遅くに帰宅して、ベッドに倒れこんでも紅茶に入っていたカフェインのせいなのか、全然興奮して眠れない(ちなみに私はコーヒーも全然飲めず、飲んでしまったら最後その日は一睡もできない)。それで、本に感化された影響で、これまた初めてレズビアン風俗を調べた。近くもないが遠くもない。いける。ウェブサイトに載っている女の子で小柄で巨乳そうな子が二人いて、まだ予約もしていないのにどちらの子を指名しようかと延々と悩んでいる。脳は刺激に曝されて興奮状態のまま妄想が止まらない。刺激イコールストレスである。変な興奮状態のまま、朝4時頃までレズビアン風俗の店を舐めるように調べ上げて、気がつくと寝落ちしていて、翌朝(今朝)10時ごろに目覚める。で、上記で述べた通りにろくに物も食べてない空っぽの身体でジョギングに行くが心ここに在らず状態だった、という訳です。

 

書き出してみれば、これまでやったことのなかった新しいことが集中的に起きている。一つ一つは些細な小さな出来事にすぎないけど、これが1日の間に全て起こると過密で大きな変化となってくる。後は前述の通りチャラい年下くんの言動に振り回されさらにそれが勝手に脳内ランダムリピート再生されて消耗しきった上にレズビアン風俗への興味がガンガンに押し寄せてきたりと、諸々の激しい変化についていけてないんだ、と空腹の身体でいつものスーパーに買い出しに行くときに、やっと気がついた。気が付いたら、少し気が落ち着いた。空腹の身体は熱産生をも怠るらしく、11km走った後でも身体が寒い。ジンギスカンを作って平らげてもまだ寒い、すぐに風呂に飛び込んだ。

 

 

色々とぐちゃぐちゃですいません。

今少し落ち着いて刺激から遠ざかって思うのは、以下数点。

まず、あのチャラい年下くんとは距離を置く。奴とのコミュニケーションは刺激=ストレスが強すぎて私の精神が持たない。休日が足りなくなる。晴れてレズビアン風俗で同性間素人童貞になった暁には同じセクシャルマイノリティとして共有したかったが、そうもいくまい。ひとえにそれは私が少なからず彼を男として意識してしまったからだ。ゲロりん…。私と寝たいなら、思わせぶりな態度は引っ込めて、さっさと来やがれってんだ。こちとらグレーゾーンの領域は苦手と来てるんだ!!!

次に、レズビアン風俗に行くことを焦らない。当初は3月のマラソンが終わってからにしようと決めていたが、昨日は一刻も早く自分が女の子で濡れるのか試したくて焦ってしまった。でも風俗は逃げない。風俗は待っている。だから私もゆったり構えて心の準備が整ったら行く。思いの外、エネルギーがいるからそこは焦らない。それに「行く」と決めた時点で既に私の中で変化が起き始めている。まず、人生で初めて、というか幼少期ぶり?にパイパンにした。彼氏と付き合ってたときでさえパイパンになんかしなかったのに、「女性を抱くのだ」と思うと何故だか神聖な気分?になり、厳粛に剃りあげた。礼儀かな、と思って。それから、久しく下着のお揃いがなかったから、買いに行こうと思い立った。思い立っただけでまだ実行には移せてないけど、これはこれですごい変化だ。で、前述の通り髪質改善のために高品質なシャンプーの通販にも手を出した私。要らなくなった服も処分した。何か、既に変化が起き始めている…。

あ。あと、レズビアン風俗に行くことを特別視しない。もしかしたらただ単に裸で女性の体温を感じたいだけかもしれないし、いやらしいことをしても濡れない可能性もある。とにかく未知数だけど、湧き上がる素直な欲求を否定せず、そして特別視せず、あるがまま背伸びせず無理せず、真摯に向き合うのみ。

 

今はとりあえず、こんなもんかな。

 

あーーー、穏やかに、安らかに、寛いで、リラックスして、惰眠を貪り、怠けて、朗らかに、ゆったり、のんびり、穏健で、肩の力をぬいて、平和に、心地よく、癒しの中で、溢れる愛に満たされて生きる、そんなような自分の世界にまた戻りたい。

ちと、今日この頃刺激が強すぎた。

 

ちーこぶ