cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。あとノンケだけどレズビアン風俗で働いてます。

ノンケのあたし。レズビアン風俗に行く【準備編】

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

************************

以前、

「寂しすぎてレズ風俗に行きましたレポ」

という漫画に感動を覚えて以来、ずっとレズビアン風俗に行きたかったのです。

自分が彼氏いなさすぎで人肌恋しかったのもあるけど、数年もいなければそういうのは慣れる。だからどちらかというと、一度女の子と寝てみたかったし、ただ純粋に女体に興味があったっていうのが一番の理由かな。と、あとは新たな自分の一面も発見したかったという思いもあって、行ってみたい…というふつふつとした思いはずっと抱いていた。

 

で、女の子と寝るんだ!と思ったら、

なるべく綺麗な自分をお見せしたい❤️

という、久しぶりなあの感覚を思い出し、色々と準備することにした。

 

 

まず、下着を新調する。

最近は、勝負下着なんて全然買っていなかったが、買うことにした。というか、可愛い下着も持ってはいたけど、上下おそろいのがなかったので、これを期におそろいを買うに至った。

 

次にラブホテルの下見をする!

自宅にお嬢様を呼んでもよかったけど、私の家はちょっと特殊で、よく大家さんが神出鬼没で出るため、安心して利用できないな、と思ったので誰にも邪魔されないように、ラブホを使おうと思っていた。で、当日ラブホが満室!なんてなったら嫌だから、いくつか駅前とかにあるラブホの下見をし、万が一に備えて内覧じゃなくて、数店舗を外覧しておりました。

(実際、当日行ったら使う予定のラブホは残り1室というすごいことになっていた。ちなみに行ったのは、平日の真昼間である。皆んな、平日の真昼間から何してんだよ!人のこと言えないけど!笑)

 

そして毛の処理をする!

私は足とか腕とかはものすごく毛が薄くて、処理などは全くいらないのですが、

いかんせん脇と股の毛が濃い、濃すぎる!

「さびしすぎてレズビアン風俗に行きましたレポ」を読んで触発されて以来、一度パイパンにしたけど、毛もだいぶ伸びてきていたので、またカミソリできちんと剃りあげて再度パイパンに仕上げていきました。腋毛も2日前に一度そったあと前日に生えてきた分を毛抜きで綺麗に引っこ抜くという、細かい作業もなんのその。

 

 

仕上げに当日美容院に行く!

個人的な話ですが、25を過ぎてからは髪の毛のコシがなくなってきた。ふわふわと髪が広がってしまい、シャンプーしていてもすんごく不潔に見える。

だから、美容院に行ってトリートメントをして、アイロンで髪の毛を伸ばして、ツヤッツヤにしてもらった。やっぱり、美容院はすごい。髪の毛が違うだけで、だいぶ印象は変わる。ニヤニヤがとまらなくなる。

 

 

そして、最後はホテルに行く前にお嬢様に差し入れの品を選ぶ!

本当はリプトンとかの高いケーキをあげたかったのだけど、当日美容室でのトリートメント後のアイロンが思いの外長引いてしまって約束の時間をオーバーしてしまった。だからすごく急いでいて、近くのリーズナブルなケーキ屋さんで慌てて買った。

(ちょっと申し訳なかったけど、お嬢様も食べてくれたのでよしとする。)

ちなみに差し入れは受け取ってくれないところもあるそうです。理由は何が入ってるかわからないから犯罪の温床?にならないように、との配慮からだそうです。 

 

てな感じで色々と身づくろいとか準備しましたよ〜。

なんかパイパンにもしたしさ、男の人と付き合ってた時よりすげー凝ってんじゃん、とツッコミを入れて一人笑ってました。デート(?)前に美容院に行くとかも初めてやったわ。笑

 

当日は、白地に細かい黒と黄色の花柄がプリントされたワンピースと黒タイツ、ワインレッドのミニブーツにコートを羽織って行きました。こんなにちゃんとお洒落している自分がまさか今からレズビアン風俗に行くだなんて、この電車に乗っている人は誰も予想できないだろうな、と思うと笑いがこみ上げてきました。どんだけだよ、みたいな。

で、約束の時間にちょっと遅れて焦っていた私は、ホテルに着いてからもお嬢様を待つ間、とてもそわそわしていたのでした。笑

 

 

本編へつづく笑

 

 

ちーこぶ