cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。

お酒はウォッカぐらいしか飲めない、けどお酒自体あんまり好きじゃない。でも自分飲みキャラで面倒臭い。

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

*************************************

私は、基本的に飲まない。

一人で飲むことは皆無で、飲み会がある時だけ飲む程度。(そして出不精で友人などもいないので、個人的に飲み会イベントは数ヶ月に一度あるかないか。)

なので、引きこもりの通算2年半は一滴もアルコールを口に含んだことがなかった。

でも、飲めない訳じゃない。結構お酒は強い。ただ、飲める種類がごくごく限られている。

梅酒とか、カルーアとかリキュール系の甘いのと、

ウーロンハイ、緑茶ハイと

ウォッカ(オレンジジュース割のスクリュードライバーが主)

を嗜む程度には飲める。特にウォッカは結構大量に飲んでも二日酔いになることなく、速やかにアルコールが抜ける。

それ以外、ワイン、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーシャンパン、発泡酒、マッコリ、酎ハイ各種は全部のめない。飲んだらすぐ気持ち悪くなって、トイレの便器に頭を突っ込んだまま翌朝まで出てこられなくなってしまう。

 

さて。飲めるお酒が「ウォッカです」と言うと人様に面白がってもらえるので、必ずそれを言うのですが、そうすると何故か飲みキャラが定着してしまう。(ウォッカのアルコール度数が40%と比較的高いパーセンテージだからでしょうか?)

でも、実際のところ、一人の時にお酒は一滴も飲まない趣向からも分かる通り、正直私はアルコール好きではない。あの独特の匂いとか苦味が未だに慣れない。どちらかと言うと嫌いの部類に入る。だから、飲むとしたらウォッカぐらいだけど、基本的にオレンジジュースで割ってエグミ?とか分からないようなものを好むし、ショットではあまり飲みたくない。でも、「飲めるのがウォッカ〜」と言うキャラを、面白いから、というだけの理由で生み出してしまった私は罪深い。未だに、飲み会でウォッカと戦っている。のめない訳じゃないけど、別にアルコール自体そんなに好きじゃないのに、一人でテンション高く、皆の前でまるで見世物のごとく、スクリュードライバーを煽る自分は、一体どうしてそうなってしまったのかと、スクリュードライバーをすすりながら、オエッと吐きそうになる自分を騙し騙しアルコールを喉に流し込んでいく姿が惨めだな…とヒッソリ感じている。

 

だいたい、デートの時だって基本的に飲まないし、飲みたくない。

理由はアルコール自体があまり好きじゃないのもあるけど、何よりも酔ってぼんやりした状態で、親密な関係に臨みたくはないから。しかとはっきりと意識が覚醒しているシラフの時に愛を囁きたい。「お酒の力を借りる」という表現は仲良くなるきっかけには使えると思うけど、一歩踏み込んだ恋人同士の関係構築に関して言えば、とても邪魔だと思っている。むしろ逆効果じゃん?みたいな。

 

少し話が逸れてしまいました。

 

私、面白いって思ってもらえれば、それで結構もう幸せなんですよね。でも、それが裏目に出て、飲んべえキャラを生み出してしまって、あ〜あ、なんか、バカなことやっちゃったなぁ〜って、思ってしまう。お酒の席は決して嫌いなのではなく、むしろ好きだし、色々な美味しい小料理の数々をつまみながら、くだけた雰囲気で色々な人の話を聞くのが好きなので私にとっても至福の時なのですが、いかんせん、アルコールは実は苦手なんだよな…と人に打ち明けることもできず、

「なんで私無理して酒飲んでるんだろう…」

とアルコールのエグミにイライラする時もある。

 

ああ無情 苦笑

 

飲み会の雰囲気は好きなんだけどな〜

お酒自体はそんなに好きじゃないっていう。あ〜面倒臭い私。

ど〜でもいい記事だな。笑

 

ちーこぶ