cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。という訳で、こっそりレズビアン風俗で働いてます。

LGBTさんのための掲示板を覗いてました。

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

あと、ノンケの女ですが、夜のお相手は女もいけます。

男相手でも、女相手でも、基本は私がフェムネコです💕

******************************

 

ネットサーフィンをしておりましたところ、LGBTさんのための掲示板みたいなところがあったので、ちょっと覗いてみました。

色々な年齢の人が、色々な性志向とか、好きな人とか、カミングアウトできないとか、色々な悩みをもって掲示板に書き込んでいらっしゃいます。それを見ながら私は、思ったのですが、

 

「やっぱり性自認も性志向も本当人によりけりで、千差万別、多種多様、男とか女とかで簡単にカテゴライズできるようなものじゃないな〜」

 

って、嬉しく思いました。

悩みを投稿している当人たちは真剣に悩んでいるので、嬉しい、なんて思うのは大変不謹慎なことかもしれないのですが、このように多種多様な、それこそ、一人一人が異なるセクシャリティを持っているんだな、と思うと、本当なんか素敵な世の中だな…とほのぼの思う自分がいるのでした。

 

私は自分の性自認とか、性志向とか、これまでの社会生活の中で全く違和感を覚えたことのない、大変つまらないマジョリティに属しております。確かに女の子と寝ることはできますし、むしろHできると思うと興奮してしまうのですが、いかんせん恋愛感情は湧いてこないので、バイセクシャルともなんとも言い難いですよね、まったく酷いですね汗。。。

 

性自認とか性志向って本当に色々です。

例えば、

男性、女性どちらのカテゴリーも違和感を覚える人、

性欲が全然なくて、男女関係なく告白されることに嫌悪感がある人、

生物学的性は男性、性自認も男性、恋愛対象も女性だけど、受け身でいたい男性、

男女共につきあえるけど、性欲は全くない人、

一回りも年上の女性が好きな女性、

FtM(生物学的性を女から男に変えた人)さんにしか興味が湧かない人、

女装癖があるけどガッツリ女性が好きな男性、

などなど。

数え上げればキリがないです。

 

なので、一度この世の中は人によって性志向とか性自認は多種多様なんだと知った暁には、月9のトレンディードラマとか、本当に興味が失せてしまうわけです。恋愛模様はとても美しいことには変わりないのですが、こう決まり切った型を外れることができない恋愛を繰り返し、繰り返し見させて、「正しい恋愛のあり方」の洗脳を手伝っているように思えてくるのですよ。あと、純粋に、これまでの人生の中で、生物学的性と性自認と性志向に違和感を覚えたことのないマジョリティの男女の恋愛なんて、つまんねーのですよ。

マイノリティの人は、そのマジョリティに憧れたりするのですが、マジョリティに属する私からしてみれば、「なんだ、この、枠組みに当てはめられた恋愛しかできない若輩どもめ」って感じなのですよ、私自身も含め。「社会的洗脳でも受けてんの?本当に『異性』とだけ恋愛して、結婚して、幸せになる、が定石になってしまっているなんて、ねぇ〜」と何だかお腹一杯な気分です。

 

私が捻くれ者なんだ、と言われれば、その通りでぐうの音も出ないですが、

トレンディードラマを超えるような、人間の性の神秘というものは、案外、すぐそこの日常生活の中に転がっているし、人がそれを大っぴらにしていないだけで、いたるところに奇跡がいっぱい散りばめられていると思います。

 

 

個人個人が自分の多種多様な生き方を、胸を張って全肯定できる世の中であってほしいものです。社会のために人がいるんじゃなくて、人のために社会がある、そんな幸せな世の中が、素敵だと思います。

 

 

ちーこぶ