cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいける、元レズビアン風俗嬢です。

たまには物思いに耽って、自己をゆっくり見つめ直すのもいいかなって。

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

************************************

最近、レズビアン風俗で働いているのがバレたりとかで色々慌ただしくて、ゆっくり物思いに耽る時間とかがなかった気がします。

ですので今日は、あまり実りがないかもしれませんが、自分の感性を研ぎ澄ますというか、もっと繊細な気持ちでぼーっとしてみたいな、と思いました。

ポツポツと心に引っかかった言葉とか、ゆっくり回想してみようかな、なんて。

 

**************************************

「どうせ、いつクビになっても何とも思わないんでしょ?平気なんでしょ?」

 

レズビアン風俗で働いているのが、会社の同僚「年下くん」にバレた。それで、長電話してたんだけど、その時に言われた言葉。

 

…そんなこと、ないんだけどな。勿論、クビになったところで急に生活が困窮したりする訳じゃないし、焦る気持ちはないけど、今の仕事は安月給の為か休みがた〜〜〜〜くさんある(月の半分は休みだ)から、もしクビになってまた就活しないといけなくなったら、今更普通の週5勤務のサラリーマンになんか戻れないと思うから、それなりには困るよ?

それにもともとガチ引きこもりだった私が、今の仕事奇跡的に1年以上続いてるってことは、それなりに向いてて、自分も楽しんでるってことだから、クビになったら精神的なダメージは大きいと思うよ。私、今の生活、とても大切にしているよ。

私、ドライで飄々と生きているように見えるのかな。

嬉しいような、悲しいような。

シチュエーションは全然違うけど、同じ様な空気感が漂う言葉として、

「どうせ貴方は私がいなくても生きていけるんでしょう?」

みたいな言われ方をされたような気がして、どうやって反応したらいいか戸惑ってしまった。

なんか、こう、

「どうせ未練もないんでしょう?私が大切に思ってる物も、貴女は何の躊躇もなくさっさと捨ててしまうんでしょう?」

というのも同系列な会話かな…

そんなことないんだけど。私も私なりに大切にしてるんだけど、どうしてこう、うまく伝わらないのかなって。あ、伝えようとしてないからか。でも伝える必要もあるのかな。

 

**********************************************

「えー、好きな人誰?だれ?教えて!」

 

同じく長電話していた時に「あたしだって好きな人ぐらいいるわ」と、別に深刻でもない軽ぅいノリで年下くんに言った時に返された言葉。

(…???)

どういうつもり?あれ、わかってないの?はー、面倒臭い。

お前だよ、お前。

(勿論、本人に言ってないけど。)

 

相手21歳の青年。青二才。私29歳。

相手同性の彼氏持ち。ラブラブ。私、恋人なし。

一度、大人な一夜を過ごしたけど、その後すぐに浮気したことを酷く後悔した彼に「この前のあれは最初で最後でお願いします。直接言えなくてすみません」と一方的にメールで振られて以来、何もない。

でも、切ない恋じゃない。もうそういう感傷的な時期は過ぎた。煙草は吸わないが、気分としては煙草を吸いながら、この記事を書いている気分だ。笑

 

好きと伝えたところで、何の意味があるの?

年下くんと恋人同士になれる訳でもないし、幾度となく彼の彼氏さんの話を聞かされて、いかに年下くんにとってその彼氏さんが大切な人なのか熟知しているあたしが、何を思って「好き」と一方的な恋心を伝えるの?今更好きと伝えるなんて、自分がゲロ吐いてスッキリしたいだけの身勝手な行為だよ。それに、もう好きと伝える必要性も感じてないし。

 

私だって、何で久しぶりに恋に落ちた相手が、8歳も年下でほぼゲイで彼氏持ちのくせに、将来的には早く結婚して子供がほしいとかほざいてるクソ餓鬼なのよ、って自分自身に幻滅しとるわ。なんて理不尽なの。もっといい男に恋したかったわ。

 

でも、素直に自分のこと曝け出せて気を使わなくていい相手って中々見つからないものよね。だから今はそういう相手が久しぶりに私の人生に現れてくれたってだけで、感謝してるのよ。引きこもってて久しく恋愛感情も忘れていた私が、また恋ができるなんて有難いことじゃない?大切にしたいって気持ちは確かにあるんですよ。

 

この前、久々に3時間も長電話して、楽しかった。ぶっちゃけ、Hした時より楽しかったわ。耳に響いてくる相手の声だけに意識を集中させて、仄暗い部屋で布団に包まれながら、下らない話をしてる、その柔らかい雰囲気に酔ったわ。心地よかった。

 

勿論、彼氏に全然嫉妬しない、って言ったら嘘になるけど、でもそれを話したところでどうなるの?ウザいだけじゃん。彼女でもないんだし。何よりそんな自分が自分で一番嫌いになりそうだ。私、年下くんのこと嫌いになっても自分のことだけは絶対に嫌いになりたくない。人生で一番自分が大切だから。

 

あ。そもそもさ、私が、好きでもない奴と、長電話したり、変な性癖暴露したり、一夜を共にしたりするとでも思ってんのかな。好きだからに決まってんじゃん。それを今更?わざわざ口に出して?え?言うの?てか、聞きたいの?聞いてどうするの?別に言ってもいいけど?でも、だから何?答えはもう決まってるじゃん?彼氏がいるからごめんね、でしょ?で、その分かりきった拒絶の答えを再度聞くために私がわざわざ隠れて心臓に血の涙を流さないといけない訳?割に合わないわ。

彼氏のこと好きなんでしょう。素晴らしいことじゃない?なぁに?それとも私からの愛の告白で承認欲求でも満たしたいだけなの?別に言ってもいいけど、態度だけじゃわからない?普通に君、私から愛されてるよ、自信持ちなよ。私なりにとても大切に思ってますよ。

 

なーんてね。

彼の無邪気な「えー好きな人誰だれ?教えてー」の一言で、私はマリアナ海溝のさらにその奥深くの地殻に潜るくらいまで、深く深く哲学しちゃった訳よ。

 

あ〜あ。あたしもつまらない大人の女になっちゃったな。笑

 

切ない恋、ではない。感傷的な時期も過ぎた。今はただ、感謝の気持ちの方が大きくなってきてるから、執着を手放して、軽やかに生きていたい、それだけ。

ただ何の見返りも求めず、好きだから好き、という極限まで行きたい。

所有の概念を離れて、境界線すらも輪郭があやふやになって、ただひたすら溶けたいだけ。親の愛も、もしかしてこんな感じなのかな…

 

 

 

今日は久々にいい文章が書けたな。

 

 

ちーこぶ