cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。という訳で、こっそりレズビアン風俗で働いてます。

会社のメンツの愚痴

 

 

あー疲れた。

 

ムカムカする気分をこちらにて発散するわたくしをお許しください。

 

お局(身長170cm推定体重90kgの動ける巨漢♀)がやっぱり嫌い。

生理的に受け付けない。

お局はネチネチは言わない。

けど、自分が世界基準である様な高圧的なものの言い方をする。

(実際はそうでもないのだが、何故だか私の脳内センサーは彼女の言動に対して、一々、「あ、嫌いだなー」と反応してしまう。)

 

で、私の大好きな女性同僚、通称「姫」が、このお局(特大涅槃像♀)に尻尾振ってるのがさらに癪に障る。

「見てくださ〜い。シャンプー変えたら髪質だいぶよくなったんですぅ〜」と、

お局(生ける巨大ナウマン象♀)に髪の毛を触らせているのを見て、ふん、こいつ、お局に対して媚を売ってやがるな、、、、とちょっと悔しい思いを噛み殺している。

 

お局(ビビディバビデブー♀)がミスをやらかして、他の会社からクレームが入っても、10年越えの一番長いキャリアを持つ大仏には誰も指摘ができない。そして社内で一番発言権のあるお局(ブルーアイシャドーのメタボ熊♀)には誰も逆らえない。口答え出来ない。そういう感じではない雰囲気がずーっと漂っている。誰も悪口すらも言えない雰囲気。奴を叩いたら最後、会社に居づらい雰囲気が出来上がる、という思想を何故か植えつけられる。

 

あと、お局(巨大喪黒福造♀版)は契約の個人営業成績が一番良かったりもするが、それは大型契約が入った時、普通は皆で山分けする分を先に自分だけ多くぶんどっているからだ。正直これが一番腹立つ。我が物顔で、何も罪悪感とかもなく、当然のごとくやっている。あっけらかんとした態度でやっている。あ、この人そういうの全然気にしないんだ、うざ〜、正直、◯ねよ、と思った。

 

 

不思議なのは、

やっぱりお局に助けてもらったこともたくさんあるし、仕事も教えてもらったし、感謝することはいっぱいあるのに、

それを上回るくらい奴が大嫌いだと思う自分がいること。

なんか、本当生理的に受け付けないし、できることなら一切会いたくない。

何だろう?自分の嫌な部分が彼女を通して投影されているのかな?

そういった精神分析的?なことはあまりよくわからないけど。。。

 

 

 

は〜い、申し訳ございませんでした。

 

 

 

ちーこぶ