cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいけます。という訳で、こっそりレズビアン風俗で働いてます。

頭の中グチャグチャ。身の振り方がわからないよ、ねえ年下くん。

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

***********************

 

色々書きたいことがある。

このブログにはよくあることですが、案の定、まとまらない。ずっとグチャグチャしている。カオスです、頭ん中。

 

私の頭の中は今、信じられないくらいとっちらかっていて、矛盾した感情がたくさん渦巻いていて、身動きが取れない。アクセルとブレーキが一緒に押されて、オーバーヒートでパンクしそう。

 

 

今度、私はフルマラソンに出る。

今も練習中。

仕事の帰り、年下くんと偶然一緒になった。ご飯行こうよと年下くんに言われて流されるままにいつもの店に入る。

もうすぐマラソンだ、と年下くんに話したら、「じゃあ、終わったらお祝いに飲みに行こう」と言われる。私はフリーズする。反応に困る。

 

もう半年以上も前に年下くんから一方的に突きつけられたあのメールの文面が一字一句違わず頭の中を駆け抜ける。

「この前のあれは、最初で最後でお願いします。直接言えなくてすいません。」

ワンナイトした数日後、私の勤務中に送られてきたメール一通。

あの時、一気に血の気が引くかと思った。携帯を持つ自分の手が震えていた。仕事中だ、気を抜くな、仕事に打ち込もうと、勤務中は頑張り、帰宅してベッドに崩れ堕ちて涙が流れた。一方的に振られたんだと思った。

…その時のメールが今も呪縛のように私の身動きを完全に封じ込めている。

 

 

あー年下くんとは、このブログによく出てくる、会社の同僚で、私より8歳年下で限りなくゲイに近いバイセクシャル♂で先日彼氏と別れたばかりの若造のことである。私も変な性癖があるし、彼とは色々と下衆な話題も話せる仲で、一度だけワンナイトしたが、それ以来一切ない。ただ、つかず離れずの関係で、同僚以上恋人未満の距離感のままを保っている。

 

 

彼のその一言のメールの破壊力は抜群で、今も私の首を絞めている。

 

 

彼の言動は、私には理解できない。

 

あんなメールを送りつけておきながら、「何で会社では冷たいの?」と聞いてくる。

あんなメールを送りつけておきながら、「今でも大好きなんだけど、もう彼氏とは年内をもってお別れすることにした」と意味の分からない別れ方をして、それを私に報告する。

あんなメールを送りつけておきながら、会社の飲み会でわざわざこちらの席に来て構ってもらおうと私をおちょくってくる。私を下の名前を呼んでわざわざ叱られに来る。

あんなメールを送りつけておきながら、「彼氏と別れて、今自分の生活にエロスが足りない」と私に愚痴って来る。

あんなメールを送りつけておきながら、「今度ボーリング一緒に行こうよ」と誘ってくる。

あんなメールを送りつけておきながら、私が腰痛持ちだというと「今度、マッサージしてあげるよ!」と無邪気に言う。

あんなメールを送りつけておきながら、電話をわざわざくれて3,4時間も付き合ってくれる。

あんなメールを送りつけておきながら、食事の時年下なのに自分の分はきっちり払うし、なんなら多めに払う。

あんなメールを送りつけておきながら、私が髪の毛をばっさり切った時「何で髪切っちゃったの?」と頭を撫でてくる。

あんなメールを送りつけておきながら、腕をつかんだり、手を添えたり、私の履いてるピンクのビロード生地のズボンの触り心地がいいと生地を触ってくる。

あんなメールを送りつけておきながら、私が仕事で祖父のお葬式に出られなかった事を知るや否や、「シフト代わってあげたのに。今度は我慢しないで俺を頼るんだよ?わかった?」と何やら諭してくる。

 

 

…数え上げれば、キリがない。

 

 

誤解しそうな言動の数々。

好意的なのはわかる。でもそれは人として、一同僚として、の好意だろうな。

それに、奴は、ちんちんが好きな男だぞ。

そして、私は一方的に振られているんだぞ。奴はあの呪いのメールを私に送るつけると、すぐに浮気したことを平謝りに当時付き合っていた彼に命乞いをしに行っているんだぞ、そしてそれを何の罪悪感もなく私に飄々と報告してくる男だぞ。

こんなに馴れ馴れしいのは、一回寝たからじゃなくて、ただ単にそういう人柄なんだろうな、と。人懐っこいだけなんだろうな、と。限りなくゲイに近いバイセクシャルだから、それくらい女を意識しないのかもしれない。

奴は自分でも言っていた。「俺、勉強もできないし運動神経もないから、せめて人には優しくしようと思って生きているんだー」と。

中途半端な優しさは相手を生殺しにするという事を、青二才の彼はまだ知らないらしい。

 

 

これは、毎回毎回ブログにも書いていることなんですが…。

嗚呼、神様。

どうして久しぶりに好きになった男が、8歳も年下で限りなくゲイに近いバイセクシャルで、最近まで彼氏と付き合っていて、よくわからない理由で別れたと思ったら速攻で出会い系(もちろん男性向け)を始めてるくせに、将来的には早く結婚して子供がほしいと思ってるような私にとっては異星人とも思えるくらい言動が摩訶不思議で理解に困るような人なのか。お金もないし、あるのは若さだけ。でもそんな彼を愛おしいと思ってしまった私はいつになったら彼を卒業できるんでしょうか。

 

好きだと伝えたいが、伝えたところでね、と二の足を踏む。

そもそも振られてるしね。

それによく覚えてる、ワンナイトしたとき、あの子、生あくび噛み殺してた。女の私じゃ役不足だったんだなー。キスも上手だったけど、あまり乗り気ではないのがよく伝わった。今思えば、女の私相手によく勃ったな、と褒めてあげたいくらいだ。本人曰く、俺は結構誰にでも勃つよ、と言っていたが全然慰めにもならん、逆に落ち込む。

 

全く。理解に苦しむよ、年下くん。

 

はーあ、、、。

 

 

 

ちーこぶ