cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいける、元レズビアン風俗です。

人の変わりようとは、怖いものである。。。

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

**************************************

まだ、フラれて一ヶ月経ってないのか…

もう振られたことが随分と昔のことのように思える。

 

先日、偶然「年下くん」と勤務が被った。

でも、何事もなく、普通に仕事できた。

 

思い起こしたら最後、ずっと堂々巡りな思い出の回想にハマりそうで、あんまり彼のことについて意識をそちらに向けたくないんだけど、

でもなんか、自分でも自分の変わりように少し驚いています。

 

以前はあんなにも、シフトが被ったら嬉しくて、

「どうやったら仕事帰りに二人きりでご飯いけるかな〜」

なんてワクワクしていたはずなのに、今ではその反動なのか、勤務日がかぶる日には、

「いかに顔を付き合わさずにさっさと帰るか」

を考えている。我が社は無駄に?仲がいいものなので、退社する時には男女先輩後輩上司部下関係なく、ともに連れ立って最寄り駅まで帰ったり一緒にご飯にいったりするので、それをかわしてそそくさと家路につく方法を思案している。笑

 

かわいさ余って憎さ百倍とかなんとか、なんでしょうかね…

憎い気持ちは確かに若干残っていて、全てをぬぐい切れた気は全然しないけど、

それでも、彼の存在に対して意識を注がなくなったな…

執着がなくなって、そっちにエネルギーを注ぐことがなくなってしまった。

ラインも電話もピタリとやりとりが止まった。

ま、元々向こうからはこないから、私からしなくなった時点で本当に関係が切れて、THE END なんだな…としみじみ。

引き際?のいい自分にびっくり。あんなに好きだったのにね、人間の変わりようとは怖いものです…

 

先日、久しぶりに一人で旅行にも出かけたけど、一人で旅をするのは卒業後、アメリカにふらっと一ヶ月旅立った時以来なので、なんと5年ぶりでした。それもある意味、見込みのない恋愛に溺れた自分の人生をリセットしたい気持ちもあったんだと思う。

偶然できた長い休みを自宅でのほほん〜と過ごす気にはなれなかった。なんか、無性に動き出したくて、気持ちをさくっと切り替えたかった。

シフト制の仕事とはいえ、休み希望も出していないのに平日に4連休も休みが取れるなんて奇跡に近かったし、そこから飛行機のチケットやホテル(しかも南国リゾート地!)も無事に予約できたということは、もう大いなる存在か何かが私に対して、

「もう旅行して、人生リセットしてこい」

と言ってるとしか思えなかったですね〜、ははは。

旅行はとてもよかったです!スキューバダイビングにはまりそうです!!笑

 

************************************

今、私は完全に恋をしていないニュートラルな状態で、それが少し不安だったりもする。それは、自分の存在意義というよりも、「家族」「パートナー」「恋人」がいてなんぼの世界で、自分は完全にそういう世間の常識から切り離されて「一人」の人生を歩んでいるからだと思う。

今年で三十路になる私ですが、【「パートナー」や「家族」がいて初めて人として一人前】という雰囲気は年を重ねるごとにどんどんと強くなっていく気がする。無言の圧力というか、そういうものを感じ始める。

別に一人でずっといたい訳じゃないし、共生していくというのは生物界でも当たり前だし、この世知辛い世の中の荒波を一人で漕ぎ続けること自体大変だな〜と思うし、願わくば愛する人(たち)と生きていきたい。

 

が、今この瞬間生きている自分はそんなに嫌いじゃない。

この年になっても結婚してない自分は、人生において結婚の優先順位が本当に低かったんだと思うし、自分でも結婚には抵抗がある。

(が、不思議なもので、結婚もありかな、と年を重ねると思えてくるこの不思議)

だから、諦めているとかではなくて、ただ単になんか「向いてない」のかな…と思ったりする。向いてない私は今後、どうやって生きていくのかな…笑

 

 

いろいろと想い巡らすことはありますが、今日はこのへんにしたいと思います。

ありがとうございました!

 

 

ちーこぶ