cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいける、元レズビアン風俗です。

やっぱりあの上司は嫌いだ。わざわざ知らせてきた第三者も嫌いだ。

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

*************************************

 

この前、同僚と食事していた時、随分前に異動した上司の恐怖政治について話していた。

私は、そんなこともあったなぁ、あの時は本当に職場の雰囲気最悪だったな〜と思いながら、同僚♀(通称ガガ子とします)と他数人で話していた。

 

ガガ子 「祖父が危篤なのに、休みとらしてもらえないってありえない」

ちーこぶ「まじっすか。知らなかったです…」

 

その上司がいる時は、職場のオフィス内の空気が重く、全てがずどんと止まってしまっているような雰囲気。でもそんな中でも、当時入社したてだった私は、自分から挨拶とかするし、「個人的には」非常に嫌いだったが、「公の場」でそれを公言することはなかった。だから、ブログにちょいちょい吐き出していたんですが笑

こんな感じで登場してました↓↓↓

 

ちーこぶ「性格とかキツい人でしたけど、私はあまり被害なかったですかね…」

ガガ子 「そりゃそうだよ、だってあの上司、皆に」

上司 『あたし、ちーこぶとは気が合わないから関わらないようにしてんの』

ガガ子 「って、公言してたもん」

ちーこぶ「…(目が点…)」

 

なんすか、それ。普通にショックなんですけど。二重にショック。

上司が公の場で個人的に嫌いな人の名前を言っていたこと!と、

それをわざわざガガ子が無神経に伝えてくることですよ!

 

上司に嫌われていたという事実も知らなかったし、でも嫌うのは仕方ないよね、私だって嫌いだったし。

でもそれを公の場で公開してしまうのは、ダメでしょ。人としてダメでしょ。

そしてそれを敢えて本人に伝えちゃう第三者もダメでしょ。人としてダメでしょ。

 

とまあ、こんな感じで、

やっぱりあの上司嫌い。

そしてそれをつたえてくるガガ子もやっぱり嫌い。

となった訳です。

 

あ〜あ、何か自分が人間関係に対する修行が足りないせいかもしれないけど、ちょっと人間不信になりそうだよね。

だって、私の採用を決めたのもその上司だよ、

遠方の就職になるから一人暮らしのために不動産仲介業者を紹介してくれたのもその上司だし、

異動になった後も「仕事頑張ってね」とか手紙くれたし。

私も、上司が新しい支店に異動した後にはお礼状も書いたし、

その後更に別支店の責任者の担当になった時にはご挨拶にも伺ったりしたし、

いろいろ感謝してたんだけどな。

 

ふん、って感じだ。

 

でもまあ、よくよく考えれば、自分と同じなのかな。

私は上司が嫌いだったことは内密にしてたけど、ブログでは公にしてるし、

上司は上司で、私が嫌いだったことを内密にはしてないけど、限られた人数の「みんな」には言いふらしてるし。

 

上司はきっと気分屋で特に何も考えずに、ただ飄々と単なる会話の話題の一つして、

「あたしはちーこぶと気が合わないから関わりたくない」

みたいなこと言ってたんだろうな。

たぶん

「あたしは椎茸が嫌いだから、食べないようにしてるの」

と同レベルだろうな。

 

ま、頭ではわかるんですけどね 。。。。

 

 

 

でもやっぱり腹立つ!!!

 

 

くそやろう!

唯一の救いは、その上司がもう目の前には一切いないことと、それを言ってきたガガ子も、もうあと数ヶ月で退社して、公私ともに一切会う機会がなくなること。

はーせいせいするわ。

 

私も気をつけよう。

 

人は嫌っても、それをわざわざ他人に公言しない。

したとしても互いに全く関係のない友達とかに愚痴る。

(でも私の場合、いないからブログと日記で!笑)狭い社会での好き嫌いの公言は、はっきり言って迷惑!

誰かの愚痴を聞いても、それを本人にわざわざ伝えたりしない。

 

他人の悪口を言う時は、容量と用法をよく守り正しく使うこと!

 

以上!

 

ちーこぶ