cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいける、元レズビアン風俗です。

文化人の方のカミングアウトに感動

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

***********************************

 

Hatena Blog の一番最初のホームページ画面に「おすすめ記事」があると思うんですが、

その中で、

あの「勝間和代」さんが、プライベートな報告されてましたね!

 

(リンク貼るのは何となく気がひけるので、謹みますが。)

 

実は彼女、女性も愛せる方だったみたいです。

そうだったんですねー!知らなかった〜。カミングアウトすごいな、と思いました。

感動です。

なんか気分が明るくなりました〜。

 

勝間さんは男性も女性も好きになるから、敢えてカテゴライズするとすれば、バイセクシャルとかパンセクシャルに位置するんでしょうね。

(*バイセクシャル両性愛者。自分にとって、異性・同性が恋愛対象。

 男性ならこんな人、女性ならこんな人、みたいに性差に惹かれる)

(*パンセクシャル…全ての人が恋愛対象。性別のカテゴリーに依存しない。

 そもそも性別が恋愛と無関係。人柄とか相性とかで恋愛対象が決まる)

 

やっぱ、文化人や著名人にだって、いますよね、性的マイノリティの方。

 

かくいう庶民な自分もマイノリティになるのかな。。。

LGBTにすらカテゴライズされてないけど笑

私は今の所、恋愛対象は男性だけなんですよね。キスしたいのも♂のみ。

自分の社会的性別や、生物学的性別が女性であることに違和を感じたことなどないし、外見も女物の服着てますよ〜、化粧もがっつりするし。

でも、体の関係が持てるのは両方!(なんなら女性と寝るほうがリラックスして濡れたりするぐらい。)

ま、だからいわゆる「ノンケ」(=異性愛者の俗語。この世のマジョリティですね。)

ではありますね。自意識としてはノンケだよな…って。

 

ま、私のことはいいとして。

 

 

著名人だし、背負うものは色々あるでしょう。

そもそもカミングアウトに勇気がいること自体、まだまだオープンになっていない証拠なのでしょうけど、でもこんな風に公表してくれて、個人的にはなんだかとても嬉しいです、ありがたいです。

 

全ての人にとって住みよい世界でありますように。

 

 

 

ちーこぶ@両性いけるノンケ笑