cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいける、元レズビアン風俗です。

自分のペース、一人の時間

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

*************************

ただの雑記です。

ふと、改めて感じたことなんですが、

私にとって

「自分のペースで生きること」と「一人だけの時間」

というのが、自分が生きる上ですごく重要なんだな、と。

 

勿論、ある程度の社会的な交流は必要です。

それこそ、ニートの時は家族とも一言も喋らず、同じ空間にいることすらも拒否していて、完全に引きこもって精神的に崩壊していたから、誰ともコミュニケーションがない、という状況は非常に辛かったので。

でもそういう特殊な例を除いて、ある程度人とのコミュニケーションが取れている状況下では、自分のペースで生き、一人だけの時間を確保することはすごく大切。

 

よく、予定がないと暇だと思われますよね。

よって、「予定がない」状態では、なんとなく「お誘い」を断りにくい雰囲気があったりします。

ただ単に、「行きたくないから」「興味ないから」「ただ部屋でダラダラしてたいから」という理由でお断りをするのは、何だか自分勝手に見られるのでは?と危惧したりして、それでそんなこと考えてることでますますストレスになります。

 

が、私はもうその領域を超えました。笑

行きたくないものは、行きたくないし、

気分が乗らないなら、気分が乗らない、という理由で正々堂々と参加しない。

部屋でダラダラする非生産的な時間は、私にとっては精神的なメンテナンスや、とりとめのない思考で遊んだり、ぼーっとしたり、眠ったりと、無駄で社会的意義の一切ない時間こそ、リラックスして飾らないありのままの自分で居られるとても重要なひとときだから、自分を一番優先する。

それが、過ごしやすいな、とつくづく思ってます。(そりゃそうか笑)

 

こういう私みたいな人って、誘っても断られることが多いので、お誘いされることは減っていくんですが、それはそうでしょう。自分で納得しているから、いいです、仕方がないのです。

だから、誘ってくれてる人には、本当にいつもありがとうございます、と心から感謝を。

 

私の場合、誰かに予定を把握されてて、

「××日、暇でしょ。××で飲み会だから参加ね」

と言われるのは、自分の中のペースを乱されるから、嫌だ。

でも、忙しいから、とか親が病気だから、とか見え透いた嘘や変な理由をでっちあげてお誘いを断るのも私が嫌だ、というか苦手だ。だから正々堂々と、

「暇だけど、その日私はゆっくり過ごしたいから休むね」

という。

私が楽しくなきゃ、飲み会とか参加する意味ない、と心底納得している。だから、気分が乗らないなら、絶対に行かない。そもそも、「行きたくない」とか「大人数は苦手」な人がその場に居合わせたら、空気だっていいはずがない。

だから、自分が楽しめない、リラックスできないのなら、その感覚に絶対的な自信を持って、「私は行きません」と穏やかに主張するべし。そうしたら、飲み会に行く人は飲み会が楽しいと思っている人しか居合わせないから、空気もギクシャクしなくて一番いいと思うんですね。

そして、自分だけ省かれたことや、以降楽しいお誘いを受けなくなっても、絶対に後悔しないこと。後悔しても寂しがってもいいけど、それを他人に強要せずに、きちんと自分の中で感情を消化し、これからどうするかを、その時その時で考えて向き合うこと。

 

 

自分のペースできままに生きたい。

 

社会的で合理的な意義を一切持たない非生産的な時間こそ、私にとっては充電したりメンテナンスしたりする大切な時である。全然無駄じゃない、いや無駄だ、無駄だけど、私には必要。

 

ちょっと疲れる出来事があったので、改めて書いてみました。

 

 

ちーこぶ