cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいける、元レズビアン風俗です。

そんな小さい体のどこに入るの…?と言われて、う、嬉しい…

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

*********************************************************

 

このブログでは、色々なことを赤裸々にぶっちゃけておりまして、

私が、

「身長152cmの体重54kg」の「小デブ体型」

であるのは、もしかしたらご存知の方もいるかもしれません。

 

この前、職場で休憩中に弁当箱2個広げてご飯食べてたら、

 

上司♀ 「今日、お弁当持ってきたの?」

ちーこぶ「はい、さすがに食費使いすぎかな、と。たくさん食べるために自炊を!」

 (←主要目的が、節約ではなくたくさん食べるため笑)

上司♀ 「ちーこぶさん、結構食べるよね?」

ちーこぶ「はい、掃除機並に。」

上司♀ 「不思議だよね、そんな小さい体のどこに入るんだろうね…笑

 

と!!!

 

 

おおおおおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

そんなこと、人生で初めて言われた!!!!

(感動…!!!!)

 

私、小さい体だったの…!?

ずっとデブだと思ってたけど!

(身長はちびなのは自覚してますよ!)

(細いと言われた訳ではないが!そ、それでも…)

嬉しい…!

 

そういう上司♀は、確かに身長も高いが横幅もそれなりにどっしりしてる。うちの系列の会社に入ってから、体重が大幅に増量したという。あと、上司♀以外にも職場の人は、部署にもよりますが、そうですね、少しぽっちゃりしてる人が多いですね。勤務時間も不規則だし、デスクワークが多いのもあるかも。

 

話を自己中な方向へ戻します笑。

「体が小さい」と言われたということは、相対的にではありますが、多少なりとも「細身」であると評価されたと、自己中心的に解釈してもよろしいのではなかろうか。うへへ。

 

10代後半〜20代前半も今と同じくらいの体重だったんですが、「小さい」と言われたことはなかったですね。若いうちは、まだまだ不健康な生活をしていても、それこそ若さでカバーできる人が多く、私より細身の人はたくさんいた。同年代としか接点がない学生だったので、比較対象の中では相対的に「デブ」側だった、というのもあると思います。

けど、20代後半になると、社会人だし、食生活が悪い方に偏るとすぐ太ってきて、若さではカバーできなくなるし、自分より年上世代の人たちとの交流も生まれるから、そういう人たちの中には、仕事を通して貴重な社会人としての技量を「身につける」かたわら、(ウチの会社の人たちのごとく)腹回りにもメタボな重装備を「身につける」方も出てくる。そうすると今の私の身長・体重だと、相対的に「細い」部類に分類されるようです。

しかも結構たくさん食べる姿を見せているのに、太っていかないということは、もしかしたら上司たちにとってみれば、すごく不思議なことなのかもしれません。(内輪話で恐縮ですが、うちの会社は入社すると太ることで有名らしい。知らなかった笑)

 

 

この歳になり、初めて「細い」方の人間にカテゴライズされて、ちょっと快感です。

私もようやく、「体重のコンプレックス」と「どう見られてるかコンプレックス」から解放されたんだな…としみじみ思います。まだまだ痩身、とまではいきませんが、それでも昔自分が思っていたような、

「あの人はあんなに食べるのに、なんで痩せてんの?」

っていう思いを抱かれる側になったのか…と思うと少し感慨深いです。

 

 

なんでしょうね、このブログでは何度も書いていて恐縮なんですが、

とにかく、自分の好きなものを好きなだけ好きな頻度で好きな時間に好きなように食べられるのが、嬉しいですね、しかも体重は微減していくという。

あとは、昔は炭水化物を抜くダイエットは危険!と言われていたんですが、今では「糖質制限」としてきちんと健康的に成果を出す食餌療法として認知されたことが大きいです。

私の場合は、お肉や油脂が大好きだったのに、ずっと「食べたら太る」と思い込んでいたので、ダイエットの時は無理して食事を抜いたり、野菜とかばっかり食べていたので、好きなものを食べられないのは本当にストレスでした。反動で甘いお菓子や菓子パンを食べていたと思います。

なので、糖質制限の本に出会った時は、本当に嬉しかったです。マヨネーズかけていいのか!ステーキ食べていいのか!わーーーー!!!みたいな、感動…笑

今となっては、自分でお菓子を買うことはない。菓子パンもいつの間にか卒業していた。代わりにお肉やお魚や油をたくさんとるようになり、気持ち炭水化物(糖質)を少なめにするようになったら、体重は少しずつ落ち着いてきたし、お腹が空かない時は食べない自由があり、前回の食事から14時間以上空いてから食べたりもする。ストレスリーです、うん。

あとは、やっぱり自分、食べることが好きなので、妥協したくないな、ってのもある。

お金出して栄養価の低い高カロリーなお菓子買って太るくらいなら、同じお金、もしくはそれ以上に高いお金を出して、お肉、お魚、チーズ、いい油、果物、とかを食べて太る方がまだいい。コンビニ弁当買うくらいなら、少し高くてもデリとかデパ地下で質の良さそうなものを買う方が好き。

だから、無意識にダラダラと「間食すること」も減ったなあ…だいたい間食って「お菓子」とかですもんね、で、お菓子って太りますし。間食するとしても、果物とか、豆腐にキムチとマヨネーズ乗せたやつとか、最近だとカプレーゼとか?ですかね。もうここまでくると、「間食」ではなく立派な「一食」ですよね、笑

 

いや〜語ってしまいました。笑

 

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございます!

 

 

 

ちーーーこぶ