cheekob's diary

元・ゲロ高学歴ニート「ちーこぶ」のブログ。あとノンケだけど女もいける、元レズビアン風俗です。

一緒にごはん行くとき気を使う私「誘い下手」

こんにちは。

元・ゲロ高学歴ニートこと、ちーこぶです。

 

**************************************

 

我が社は、きっと他の会社と比べたら、社員同士がかなり仲が良かったりする。

どれくらい仲がいいかというと、仕事が終われば、「飯行くぅ?」的なノリに自然となっていくぐらいには、仲がいい。勿論、毎回毎回そういう感じになる訳ではないにしろ、そこそこな頻度で「同じ釜の飯を食う仲」になっている感はある。

 

そこで、実は日頃思っていることがある。

「仕事終わりに飯に行く」が恒例行事であったとしても、私、自分から誘うのは苦手なのである。ま、これに限らず、なんですけども。

「よっしゃ、仕事終わりだぜ、ご飯行きましょう〜」

と、自分からは非常に言いにくいのでございます、はい。

一人に慣れてしまったと言うのもありますけども、どうしても気を使ってしまうんですよね。一緒にご飯行きましょうよ、とか言ったらご迷惑かな、私と行っても微妙な空気になってしまうかな、と思っちゃうんですよね。すんごい、誘い下手です。誘っていただくのは、本当にありがたいし、そもそも人と食事する機会が少ないので、貴重な機会をありがとうございます、という感じなのですが、やはり気を使ってしまう。

 

理由を考えてはみました。例えば、

「ご飯行くときは、車通勤の人にいつも乗せてもらうので、申し訳なく感じてしまうから」

とか。でもそれもなんか本質的な回答ではない気がしました。

「そこまで親しいわけじゃないから」

あーそれは、確かにありますね。でも、比較的社内でも仲のいい間柄である同僚とご飯行くときですら、気を使うんですよね。「え、私もいいんですか?あ、ありがとうございます…」みたいな。

でも、どれも、腑に落ちない理由です。

 

なんなんでしょうね。どうしても落ち着かないんです。そわそわしちゃうんです。

この独特の、「苦手意識」はなんなのかな、って思います。

だから、お誘いがあるのをひたすら待っている、という受け身の私。

誘われなかったらそれまで、仕方ないね、みたいな(でも誘われなかったらなかったで、それは悲しいものがある)。

なんだろうね、もうそういう訓練(?)をしてこなかったら、私みたいな人格が出来上がってしまうんでしょうかね。

 

はー。

だから、「ご飯いこ〜」の台詞が簡単に言えてしまう人は、私からしたら物凄い人に見えます。もう異星人です。尊敬です。

ありがとうございます。

 

 

 

ちーこぶ